松阪市 幼児教室 スーパー飛び級

松阪市 幼児教室 スーパー飛び級

松阪市 幼児教室 スーパー飛び級

松阪市 幼児教室 スーパー飛び級

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせいただけます

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをクリック

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

教室からのお知らせ

「スーパー飛び級」についての説明会を、下記の日程で開催いたします。

  • 日時:7月20日(土)10:00~11:00
  • 場所:石井進学塾松阪校
  • 定員:5名
  • お申し込み方法:お電話またはメールでお申し込みください

「スーパー飛び級って何?」

詳しくお知りになりたい方は、ぜひつづきをご覧になってみてください。

松阪市で、お子さんに合った幼児教室をお探しの方へ

松阪市 幼児教室 スーパー飛び級
ボクたちワタシたち「スーパー飛び級」で、勉強が大好きになったよ!

でも、スーパー飛び級をはじめる前は…

  • 宿題をせずに、テレビを見たり、おもちゃで遊んでたり、マンガを読んだりしてたから「勉強しなさい!」と怒られてました…
  • 時間がないのに、着替えずにだらだらしていました…
  • 寝る時間が遅くて、朝起きない悪習慣でした…
  • イヤイヤ塾に通ってました…
  • お父さん・お母さんに甘えて、何でもすぐに頼ってました… etc

けれど、スーパー飛び級をはじめてからは…

  • すすんで宿題をするようになりました!
  • 今は、2学年先の問題にチャレンジしています!
  • 塾に行くのが楽しみで仕方ありません!
  • 失敗を怖れず、自分がやりたいことに積極的にチャレンジしています!
  • 人前でもハキハキと自分を出せるようになりました! etc

「スーパー飛び級」を通じてお子さまに身につく力は、決して学力だけではありません。

自ら考える力、粘り強く取り組む集中力、自分らしい表現力、相手を思いやる心、高い自己肯定感… 。

それらは、子どもたちが自立し、人生をたくましく“生きられる力”だと、私たちは考えております。

2020年、求められる学力が大きく変わります

また、ご存知のように2020年「新学習指導要領」の完全実施によって、子どもたちが求められる学力は大きく変わります。

一例を挙げますと、センター試験に代わる「新テスト」では、従来のマークシートでの解答に加え「記述式」の解答が追加されます。

例えば、国語・数学においては、自分の考えの正当性(正答性)を論理的に述べることが求められます。

また、英語では4技能(読む・聞くに加え、書く・話す)が総合的に評価されます。

ちなみに、英語においても「自分の考えを英文で述べなさい」といった出題が増えるだろうと言われています。

まり、知識のみならず思考力・判断力・表現力を含めて「学力」として評価するのが新時代の教育です。

そのような時代において、スーパー飛び級で身につく「新時代の学力」は、子どもたちの未来を支える本質的な力でもあります。

もし、これをご覧のお父さん・お母さんが、お子さんの豊かな将来のために“生きる力”を育んであげたいと真剣にお考えなら。

そして、そのために「新時代の学力を身につけさせてあげたい」とお考えなら。

どうか2、3分ほどお時間を取っていただいて、これからお伝えすることをご覧になってください。

読むだけでも、お子さんの“学力”と、そして “生きる力” が高まるヒントをつかんでいただけると思います。

日本のリーダーとなる人材を松阪から輩出したい

松阪市 幼児教室「石井進学塾 飛び級特進コース」石井宏明こんにちは。

「石井進学塾 飛び級特進コース」塾長の石井宏明と申します。

松阪市には、幼児教室さんが数多くあり、そしてそれに伴って幼児教室さんのホームページもたくさんあります。

その中から、当教室のホームページをご覧くださいまして感謝申し上げます。

さて、私は、これまで1,000人以上の生徒さんの学力向上をサポートして参りました。

もともと、私自身も学生時代には志望校合格に向けて、日々、一生懸命勉強をしてきました。

そして当時、(現在と比較すると)おぼろげながらも“どのように勉強すれば成績が伸びるのか?”を、受験勉強を通して自分なりに見出すことができたんですね。

やがて私は「いつか、この経験を多くの人たちに伝えたい!」と思うようになりました。

その一心ではじめたのが、松阪市にあります「石井進学塾」です。

そしてこのたび、私は「将来の日本のリーダーとなる人材を、松阪から輩出したい!」という想いから、新しい形態の教育プログラムをはじめることにいたしました。

それが「石井進学塾 飛び級特進コース」です。

「スーパー飛び級」は、私のこれまでの学習指導経験の集大成とも呼べる教育プログラムです。

私は、これまでの学習指導の経験から「まず、勉強のやり方を素直に教わり、それを実践することで、子どもたちは自立していく」ことを確信しております。

そして現代の「教育」とは、単に成績を伸ばすだけでなく、子どもたちの自立性や生きる力をも身につけさせてあげることだと考えております。

(手前味噌ですが)そのための、最適な学習環境が「石井進学塾 飛び級特進コース」であると、自負しております。

1,000人以上を指導してわかった!成績アップに欠かせない2つのこと

さて、先述のとおり、私はこれまで1,000人以上の生徒さんの学力向上をサポートして参りました。

その経験からわかったことが2つあります。

それは、つぎの2つです。

  • 成績が伸びる生徒さんの特徴
  • どの教材を使えば、成績が伸びるのか?

そこで、まずはこの2つのことについて、詳しくお話させてください。

きっと、この2つについてのご理解を深めていただくと、お子さんの学力や可能性を大きく高めてあげられるはずです。

成績が伸びないのは、お子さんのせいではありません

「自分で考える力をつけて欲しい」

このような、お子さんに自立を期待される声をお父さん・お母さんより伺うことがあります。

実は、私にも小学生の娘がおります。

ですので、そのお気持ちは痛いほど共感いたします。

しかし私自身、長年、多くの子どもたちの学習指導を行なってきて感じていることがあります。

それは「子どもたちには、もともと“考える力”が備わっている」ということです。

そして考える力が、従来の教育方法によってスポイルされてしまうリスクがあることも、同時に感じるようになって参りました。

勉強は、うれしい・楽しい

例えば、わからないこと、知りたいことをネットで検索する。

そうして、わからなかったことや知らなかったことを理解できれば、誰しもうれしいし楽しいものですよね。

本来、勉強は、このような「知る・わかる」の連続なはずです。

だから、楽しくないはずがありません。

しかし、子どもたちが勉強をうれしい・楽しいと感じるときには条件があります。

それは「主体的に学んでいるとき」です。

自分が知りたいから勉強する、わかることが楽しいから勉強する。

このような“主体的な意志に基づく学習”は、知識の習得や記憶、継続性の高い集中力などに高い効果が望めることは想像に難くないと思います。

けれど、従来の教育システムの多くは、決められたカリキュラムによって学ぶ内容やペースがかぎられています。

つまり、自分が知りたい内容を自分のペースで行うことが難しいんですね。

そのため、お子さんの「勉強したい」気持ちが「勉強しないといけない」に変わってしまいがちです。

「教える」ことが、依存を生んでしまいかねない

また、子どもたちが学習を「先生から教わるもの」だと捉えはじめると、そこから「依存」が生まれます。

そして、先生の意志によって学習内容やペースがコントロールされることになりかねません。

それによって、子どもたちの主体性が失われてしまいかねません。

自分で「読み」そして「考える」。

この「自読考」は、スーパー飛び級がもっとも重視する勉強の原則のひとつです。

自読考で「知る・わかる⇒できる」勉強は「教わる」でも、ましてや“押しつけられる”ものでもありません。

新しいこと、知らないことが“自分のペース”で、次々と目の前で展開します。

そして、それらを「知る・わかる」ことは、とても「面白い・楽しい」ことであるはずです。

学習が加速します

このような学習に、子どもたちはとても興奮しますし、熱中します。

子どもたちが自分の力で読み、頭の中で自分だけの授業を進められるのがスーパー飛び級の特長です。

だから、学習が加速します。

算数や数学なら、従来の3〜4倍速での学習が当たり前になっています。

3学年以上の先取り学習を行う子どもたちがゴロゴロといる、それがスーパー飛び級の自然な学習風景です。

スーパー飛び級は、教えません

このとき、講師は「教える」ことをしません。

もちろん、子どもたちが自分の力だけで問題を解くことができない場合もあります。

そのようなときにも、講師は子どもたちに寄り添い、見守ることに徹します。

それでいて、子どもたちが自身で答えを見いだせる“きっかけ”を与えることがあります。

ともに考え、共感し、質問を投げかけては、子どもたちの考えを引き出すサポートを行います。

それによって、やがて子どもたちは自身の力で答えを見いだすことができます。

このときの子どもたちの充実感に満ちた表情は、講師にとっても何にも代え難い充実感をもたらしてくれます。

私は、このような光景を見るにつけ、講師(大人)は、教えることなく、子どもたちの主体的に学びたい欲求を損ねることなく、寄り添い見守りながら、ときにサポートに徹することが望ましいという考えを深めるようになりました。

プリントやドリルで自学するならいい?

お子さんが、自分だけでプリントやドリルなどの教材で勉強するなら、たしかに「自読考」できそうに思えますね。

私自身、スーパー飛び級に出会ったとき「これは優れた“教材”だから、子どもたちの自立を促し、学力が高まるんだ」と思っていました。

ですが、子どもたちの加速的な学力の向上には、実はもうひとつ必要なものがあります。

それは「環境」です。

東大生の83%は、幼少期にどんな環境で勉強していたか?

これは、ご存知のお父さん・お母さんも多いのではないでしょうか?

そうです「リビング」です。

主婦の友社 東大脳の育て方

主婦の友社から発行された書籍「東大脳の育て方」に、東大生にリサーチしてみると「83%がリビングで勉強していた」という結果が書かれています。

リビングは、ご家族が集まり、おのおのが好きなことをしているリラックスできる場所です。

そのような場所で勉強することは、子どもたちに最適な安心感と集中力を与えてくれます。

また、わからないことがあればすぐお母さんに聞くことができたり、勉強ができたことを誉めてもらえたりもします。

それが、さらなるモチベーションへとつながり、自然な学習習慣の形成が行われます。

かつては“当たり前”だったリビング学習

このような学習環境は、実は私たちが子どもの頃(昭和の時代)には、ごく当たり前だったと、私は思うんです。

なぜなら、当時はどのご家庭もわりとお母さんは専業主婦をされていたからです。

当時は、お母さんが夕食の支度をしているそばで宿題をするといったことが、わりと多くのご家庭で日常的に行われていたと思います。

このような「安心できる環境」は、子どもたちの学力の向上に不可欠なんですね。

しかし現代は、共働きのご家庭も多く、かつてと同じような環境を“ご家庭だけで”整えることが難しいことも否めません。

そこで、お忙しいお父さん・お母さんに代わって、お子さんの安心して学べる環境をスーパー飛び級が提供いたします。

“教えない”エキスパート講師が担当いたします

スーパー飛び級を担当する講師は、子どもたちの加速学習を最適にサポートするための特別な研修を受けております。

先述のとおり、スーパー飛び級では従来の先生の役割である「教える」ことをいたしません。

それだけではありません。

お母さんのように、じっくりと生徒さんの話を聞き、ともに問題と向き合い、そして生徒さんが主体的に取り組めるようモチベートいたします。

以上のことから、スーパー飛び級が提供しているのは、優れた「教材」「環境」のふたつであると言えます。

スーパー飛び級は、子どもたちの主体性を育み、そして加速的な学力の向上を実現しています。

スーパー飛び級を試してみませんか?

さて、ここまでご覧くださったお父さん・お母さんに、特別なご案内がございます。

お子さんの主体性を育みながら、高い学力が身につく「スーパー飛び級」にご興味をお持ちくださった方のみを対象とした「無料体験レッスン(80分)」に、招待させていただきます。

  • スーパー飛び級ってどんなの?
  • スーパー飛び級を、ウチの子はやりたがるかしら?
  • スーパー飛び級の効果は?

どうぞ体験レッスンで、お確かめください。

また最近は、体験レッスンに参加してみてご入塾を判断される方も増えてきております。

3学年以上の先取り学習も可能にする「スーパー飛び級」とは?

スーパー飛び級は、もともと自立学習のために開発された特殊な教材です。

(子どもたちが)問題を読めば、頭の中で自分だけの授業が展開するように作られています。

自分のペースで、つぎつぎと「知る・わかる」体験に、子どもたちはますます勉強に夢中になります。

そのため、スーパー飛び級が定める基本的なカリキュラムでは、4ヶ月間で1年分の学習を行います。

このような「自読考」による自立学習は、子どもたちの主体性や、自立する心を育てます。

また、このような加速学習に欠かせないのが、子どもたちが安心して学習できる「環境」です。

そして、それを強力にバックアップしているのが、特別な研修を受けた当教室の講師陣です。

スーパー飛び級の講師たちが、子どもたちに勉強を「教えること」はありません。

しかしその代わり、じっくりと子どもたちの声に耳を傾けます。

そして、子どもたちの気持ちに寄り添い見守ります。

あくまで、子どもたちが安心して勉強に没頭し、自分で答えを見いだせる環境づくりにもっとも注力します。

このような学習が奏功し、全国ですでにスーパー飛び級を実践する学習塾・幼児教室などでは、3学年以上の先取り学習などを行う子どもたちが続出しております。

どんなお子さんも、加速的に学習しはじめます

私どもが強調したいことは、上記の成果を挙げているお子さんたちがはじめから特別に頭のよい子ではないということです。

(表現が乱暴かもしれませんが)いわゆる“普通の子”たちが、教室のそこら中で従来の3〜4倍速で学習を進めています。

つまり、スーパー飛び級はどんなお子さんにも加速的な学力の向上をもたらす学習法であると言えます。

もちろん、学習の加速度には個人差があることは否めません。

しかし、子どもたちが主体的に「自読考」学習を進めている姿をご覧いただければ、スーパー飛び級が従来の教育とは明らかに一線を画していることがご理解いただけると思います。

スーパー飛び級:教材の紹介

以下に、簡単ではございますが算数と国語教材について紹介させていただきます。

“あえて”簡易な紹介に留めさせていただいております。

なぜなら、多くの方が従来の教材との違いやスーパー飛び級のよさを実感されたのは、すべて子どもたちの学習する姿を見たときだからです。

ですので、ぜひ無料体験レッスンでのお子さんが取り組まれる姿で、スーパー飛び級をご判断いただきたく思っております。

算数の特徴

松阪市 幼児教室 スーパー飛び級

松阪市 幼児教室 スーパー飛び級

学習に熱中させ、そして、加速させる!

  • 「読めば、完璧にわかる!」徹底分析をもとに、抜けがなく、すべてを網羅します
  • 数量関係を肌で感じながら習得することができます
  • 子どもたちが、挑みたくなるようなステップ幅で構成されています
  • 「知る・わかる・できる」の学びのヤル気(達成感、満足感)を高める仕組みがあります
  • 論理的な文章読解をひも解きます
  • 子どもたちの自立学習と、算数の力の成⾧に合わせて3教材を用意しています
  • 3学年以上の先取りによる圧倒的な学力の育成をめざします
  • 自立学習を促進し、生活習慣の自立も育みます

国語の特徴

松阪市 幼児教室 スーパー飛び級

3歳~5歳で導入すれば高度な母語の確立が実現できます

  • 自読考で、懇切丁寧な授業が紙面上で展開されます
  • 語彙力・文法力そして読解力をバランスよく育みます
  • 1年生(語彙力の強化)、2年生(説明文の読解強化)、3年生(小説文の読解強化)、4年生(抽象世界の読解強化)5,6年生(私立入試問題も含めて国語力の総合演習)
  • 小1の学習からはじめれば、段階的に高度な国語力が身につきます
  • 読解の疑似体験を通して人間教育を行います
  • 1・2年生…いろいろな題材と向き合い(疑似体験で)視野と見識を拡げます、3・4 年生…教科書採択の題材が増えます。道徳そして倫理的観念を伝えます、5・6年生…より豊かな感情や感受性そして知恵のもとである思慮深さを育みます
  • 子どもたちの自立学習と、算数の力の成⾧に合わせて3教材を用意しています
  • 教育の目的は、人創りです。国語教育で、スーパーリーダーの資質を育みます

読解と人間教育

視野や見識を拡げ個性と感性を磨く

題材を通した疑似体験により、子どもたちは、さまざまな「想い」、「感想」、「感動」を持ちます。

また、それらによって視野や見識が拡がり、ときにはその世界に惹かれます。

国語T(教材名)の設問は、読解力の強化に加えて、それらを増幅させます。

そのうえで、講師が子どもたちの感性に同調、共感することで、より大きく・深いものになります。

行動を変え、そして未来の道筋をつける

3歳~7歳くらいまでのお子さんは、発した言葉に即して自分を変えていきます。

ですので、もしお子さんに望む進路がおありであれば、その進路に関わる題材の学習をオススメします。

そして、その学習の中で得る「想い」や「感想」に、保護者の方や講師が素直に共感しよろこびを伝えれば「わが子の未来」が、お子さんの中ですくすく育ちます。

お子さんの輝く未来を、偶然や他人任せにするのではなく、掛け値なしの愛情ら生まれる想いに即して道筋をつけることができます。

お子さんが、将来活躍できるための必須のスキルとは?

2020年に全国で完全実施される「新学習指導要領」では、未来の社会をたくましく生きるために必要な力として、つぎの3つが明示されています。

  • 1.知識と技術
  • 2.思考力・判断力・表現力
  • 3.学びに向かう力、人間性等

そして「主体的で、対話的で、深い学び」を実現するためにアクティブラーニング(発見・問題解決・グループ学習等)を導入します。

従来のように、知っているだけではなく、さまざまな知識の中から最適な答えがどれか?を思考・判断し、それを他者に最適に伝えられる表現力やコミュニケーションスキルまでもが「学力」として評価されるようになることは、時代の大きな転換点であると言えます。

自立がすべての土台です

これらの教育が、最大限に効果を発揮するためには、子どもたちが自立的であることが大前提となります。

  • 私は、このように思います
  • なぜ、そのように思うのかというと、〜〜だからです etc

子どもたちひとりひとりが自立し、自分の考えや気持ちを内在させているからこそ、主体的に他者と関わりあい、そして対話の中からより深い学びを得ることができます。

また、逆の例を挙げると、どれだけ英単語や文法を理解していても「自分の意見」がなければ、英語を話すことができないこともあります。

このように、子どもたちの「自立心」こそが、新時代の学力の根幹になると、私は考えております。

そして、最適に子どもたちの「自立心」を育んでくれるのが、スーパー飛び級です。

これまでお伝えしたように、スーパー飛び級では子どもたちが「自読考」によって、自分のペースで自立学習を進めます。

また、従来の3〜4倍速で知識や表現力(論理性や語彙力、文法など)を身につけます。

これらの経験によって、子どもたちは1.自分の意見を持ち、2.それを最適な表現力で他者に伝えられるようになります。

無料体験レッスンのながれ(80分)

無料体験レッスンは、つぎのように進めています。

ヒアリング&スーパー飛び級のご説明(20分)

まずは、お子さんについて私どもにお聞かせください。

現在の成績や、日頃の学習状況、スーパー飛び級を体験したいと思われた理由など、講師よりお父さん・お母さんにお伺いさせていただきます。

さらには、スーパー飛び級について実際の教材などもお見せしながら、体験レッスンで行う内容についてご説明させていただきます。

演習時間(40分)

それでは、実際にスーパー飛び級にチャレンジしてみましょう!

お子さんが、スーパー飛び級に取り組んでいる間は、ぜひお父さん・お母さんはお子さんを見守ってあげてください。

そして、お子さんが楽しく取り組んでいるかどうか?表情などを見てあげてください。

また、講師の「教えない」指導についても、ご覧いただければと思います。

ご自宅での学習時に、同様に働きかけてあげられると、お子さんのモチベーションおよび学習習熟度が高まります。

今日のまとめ、今後について(20分)

演習の内容を踏まえて、学習のポイントをお伝えいたします。

また、継続してスーパー飛び級を学んでいただく際の進め方などもご説明させていただきます。

その他、お父さん・お母さんよりご質問などがございましたら、ささいなことでも構いませんのでお気軽にご相談ください。

お子さんの、よりよい学習のために私たちに何ができるのか?お答えさせていただきたいと思っております。

以上、80分が“あっという間”に過ぎていく、楽しいレッスンです。

ぜひ、お子さんにスーパー飛び級を体験させてあげてください。

スーパー飛び級は、つぎのような方にオススメです

  • (お子さんに)ハキハキと自分の意見が言えるようになってもらいたい方
  • 先取り学習をしたい方
  • 将来、国公立大学に進学をお考えの方
  • 難関私学への進学をお考えの方
  • お医者さん、弁護士、高級官僚などの仕事に就かせてあげたいとお考えの方
  • リーダーシップが発揮できるようになってもらいたい方
  • 自立性や主体性を伸ばしてあげたいとお考えの方 etc

無料体験レッスンの開講日時

毎週火曜・水曜・金曜:16時〜18時

石井進学塾 飛び級特進コースの所在地(松阪市駅部田町)

松阪市駅部田町86-1

体験レッスンのお申し込みはカンタンです

LINE・お電話・ホームページから承っております。

LINEでのお申し込みの場合

下記ボタンをタッチして「友だち追加」をしてください。

友だち追加

その後「トーク」から「無料体験レッスンの参加ご希望」の旨をお伝えください。

お電話でのお申し込みの場合

下記に、ご連絡ください。

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ
受付時間:14:00-21:00(日曜定休)

ホームページからお申し込みの場合

下記ボタンをクリックして、お申し込みフォームに必要事項をご入力のうえ、送信してください。

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをクリック

10歳までに“天才脳”を目覚めさせよう!

人間の脳は、6歳ごろまでに大半ができあがり、9〜10歳ごろまでには完成すると言われています。

そして、この時期は知識をどんどん吸収し、才能を大きく伸ばすことができます。

その理由のひとつとして、10歳ごろまでの子どもたちの脳が「右脳優位」の状態にあることが挙げられます。

右脳は、本能的な脳力を司り、別名「感性脳」や「イメージ脳」などとも言われています。

そして右脳は、左脳の100万倍もの記憶力があると言われています。

そのため、右脳優位の時期の学習は驚異的なスピードで知識や技術を習得できるんですね。

しかし、人間は10歳前後でだんだんと「左脳優位」の状態へと移行します。

学生時代に、ひたすら勉強しても学んだことを覚えきれなかったり、覚えてもすぐに忘れてしまったといったご経験をお持ちのお父さん・お母さんもいらっしゃるかもしれませんね。

実は、それは左脳優位の状態であり、左脳優位の学習には限界があるんです。

しかし、右脳優位の10歳前後までに右脳のチカラを活性化させると、その後の成長に応じて左右の脳をバランスよく使うことができるようになると言われています。

そのように、“全脳的”な活性化こそが、子どもたちの驚異的・天才的な能力を引き出す重要なカギとなります。

10歳までに、主体性が育まれます

また、8〜10歳ごろは、脳の情報伝達回路が著しく発達する時期だと言われています。

端的に言ってしまうと、この時期に学習を行うことで左右の脳の連結性が高まり、左右の脳をバランスよく使えるようになります。

さらには、この時期の脳は、自分で考えたことをやり遂げることに一番の喜びを感じると言われています。

つまり、主体性やそれに基づく思考力が育まれやすい時期であるとも言えます。

これらの観点からも、スーパー飛び級は子どもたちに眠る潜在的な才能を目覚めさせ、いかんなく発揮できるようになるための最適な学習プログラムであると考えております。

読み・書き・そろばんは、効果的な右脳教育でした。今は?

ちなみに、右脳のチカラを高めるうえで効果的なのが「手を動かすこと」「イメージ力を鍛えること」「会話すること」だと言われています。

そして、かつてはそれらを最適に行う学習法は「読み・書き・そろばん」であると、私は考えてきました。

しかし、それに代わる現代の最適な右脳学習法は「スーパー飛び級」です。

スーパー飛び級は、右脳(イメージ)で理解しやすいことを目的に開発された学習システムです。

3〜4倍速で、学習を進められるのも右脳優位での学習を促しているからです。

お子さんの脳力を、飛躍的に高められる時間は限られています。

ぜひ、脳力開発のゴールデンエイジに、お子さんに最適な教育を与えてあげてください。

生徒・保護者さんの“よろこびの声”

スーパー飛び級は、すでに全国で導入されています。

そこで、全国の教室から寄せられているスーパー飛び級へのご感想を紹介させていただきます。

「楽しいからやる」に変わりました

どんどんと予習できることが楽しいし、学校で習った時にも「あ、これは知ってる!」って思えるととても楽しいし、復習できるから助かっています。1から10までわかる感じです。
今までは凡ミスが多くて100点がなかなか取れなかったんだけど、5年の後半から100点をとれるようになりました。やっていてよかったです。

(中1の数学を進めているんだけど、大変じゃない?)そんなことはありません。もっと楽しくなりました。授業はわかりやすくて、メモもしやすいし、何より中学が怖くなくなりました。なんか、中学校って高い存在な気がしていたけど、「あ、そこまで難しすぎないんだ」ってほっとしました。お友達に教えるのが好きなんです。好きっていうか、友達に頼られるのが好きで、教えてあげられるのが誇らしいんです。

(「教えるのが上手になった」というお母さんのご意見に対して)そういったところにも成果が出ているのかな。まとめて話すのが得意になりました。知らない言葉をたくさん習ったり、言葉の使い方もやったからかもしれません。

(作文は)昔は好きではなかったけれど、今は速くかけるようになったから得意になった気がします。最初は「やるんだったら楽しいほうがいい」と思っていたけど、今は「楽しいからやる」に変わりました。先生たちはみんな話しかけやすいし、質問しやすいのも助かってます。

(今後の目標)小学校卒業までに、数学は中2の勉強に入って、英語は英検4級をとりたいです。

竹久保皓也くん(神奈川県:小6)

自分のことを表出しない、という課題がまさか解消されるとは

飛び級を始めて数か月後に授業参観があったんですね。ちょうど算数だったんです。先生の出す問題に対して、皓也の頭の中ではすでにいくつかの解法が浮かんでいる様子なんです。クラスメートが黒板で解くのを見てすべて把握しているようで、一つ一つ確認している姿が見られました。その姿にまず感動しました。

最初は予習を進めることで授業態度がどうなるか心配だったのですが、むしろ以前より謙虚に受けてるんですね。

私が今日何にびっくりしたって、インタビューをこんなにしっかりこたえられて、きちんとした言葉が使えているのに驚きました。そして、しっかり自分の立ち位置が分かっている発言をしてるし…。末っ子なので、私からするとどうしてもまだ小さい子のイメージで(笑)。

なんだか勉強に対して前のめりですね。自分が主導権をもって進めるぞ、っていう感じがするんですよね。今までは決して勉強が好きではなかったんです。多分やればできちゃうし、授業も聞けばわかっちゃう、なんだか器用にこなすだったんですね。それが今は楽しいから勉強しているんです。これが私には一番うれしい変化です。この時期にこの子が「楽しい」が先にあるのは親としてとっても嬉しいです。

物事に取り組む姿勢が大きく変わりましたよね。それまではわからないことを内に秘めて、失敗しないようにしていたのですが、間違えることを怖がらなくなりました。なぜ間違えたのかの原因が大切と思えるようになったし、新しいものを作りだしたり、どうやったら新しいことが分かるようになるか考えたりするようになりました。なんか新しいゲームを手に入れたみたいに勉強を楽しんでいます。

(スーパー飛び級によって「考える力がついた?」という質問に対して)そうなんです。自分のことを表出しない、という課題がまさか解消されるとは思いませんでした。飛び級をやることで人間力が高まりましたね。学力はいつでも付けられますけれど、この子の小学生時代は1回しかないですから、大変貴重です。そういう意味では、いいタイミングで飛び級を勧めていただいて本当にありがたいです。もっと飛び級が普及するといいですね。

(今後、皓也君に期待すること)難しい質問ですね…(笑)。そうですね、自己肯定感を高く持ち他者に影響を与える人間になってほしいですね。

皓也くんのお母さま

頭をやわらかく、色々な考え方が出来るようになればいいな

以下で記載されています「算数D」とは、スーパー飛び級の算数の教材の名称です

Q.算数Dをやる前に(算数で)困っていたことがあれば教えてください
思い込みが強く、習う前に“これはこう!”という考えで固まってしまい、自分の思っていたのと違うと中々覚えられない。

Q.算数Dをやろうと思った、きっかけや動機は何ですか?
とにかく頭をやわらかく、色々な考え方が出来るようになればいいなと思う。

Q.算数Dをやるうえで、気になることや不安に思うことなどはありましたか?
上記と同じで、自分の考え、答えに固まってしまうこと(思い込み)

Q.他にも算数の教材があるにも関わらず、算数Dを選んだ一番の理由は何ですか?
本人と親の相しょう、親が考えている方針により近いから。

Q.算数Dをやってみた感想を教えてください
自分の進められるのが良い。分からない所があれば戻ってまたできるし、くり返しできる

めいちゃん(仮名:小3)のお母さまより

わがままにならない?

「自立するのはいいけれど、わがままだったり自分勝手にならないか心配です」

そのような“ご心配の声”を、耳にすることがあります。

しかし実際は、むしろ逆です。

自分の考えや気持ちに基づいた行動を、寄り添いながら見守られる経験をした子どもたちは、他者の主体性や自立心を尊重できる心が育っています。

また「自読考」での自立学習は、自身を客観視する経験を数多く積み重ねます。

そうして、スーパー飛び級を通じて「相手を思いやる心」が自然に培われて行くんですね。

事実、先述のとおり、スーパー飛び級を1年以上取り組んでいる生徒のお母さんからは「むしろ(スーパー飛び級で勉強する)以前より、学校の授業を謙虚に受けてるんです」といった声が寄せられています。

いくら3学年以上の先取り学習ができたとしても、偉ぶったり、あいさつやお礼を言わなかったり、お父さん・お母さんの言うことが聞かないほど夢中になり過ぎることは、ただの“自分勝手なふるまい”です。

子どもを持つ親として、私は子どもたちをそのように育てたくはありません。

そして、これをご覧のお父さん・お母さんもきっと同じようにお感じではないでしょうか。

だからこそ私は、単に学力だけではない人として大切な“相手を思いやる心”も豊かに育んであげたいと考えております。

継続的な学習を希望される場合

スーパー飛び級の継続的な学習をご希望の場合は、ご入塾ください。

レッスン日時:毎週火曜・水曜・金曜:16時〜18時

スーパー飛び級の学習カリキュラム

4ヶ月で1学年分の学習を終え、小学校卒業時には高校数学にチャレンジしはじめる生徒も!

小学2年生の4月に入会し、週2回で通った場合

小2 4〜7月:小2、8〜11月:小3、12〜3月:小4 ※4ヶ月で1学年分を学習
小3 4〜9月:小5、10〜3月:小6 ※6ヶ月で1学年分を学習
小4 中1 ※1年間かけて、1学年分を学習
小5 中2 ※1年間かけて、1学年分を学習
小6 中3 ※1年間かけて、1学年分を学習
中1 高1:数1A
中2 高2:数2B ※約1年半で、1学年分を学習
中3 4〜8月:高2:数2Bのつづき ※9月以降は高校受験に備えます

7名さま限定!プレスタート!

先にもお伝えしましたが、スーパー飛び級の講師は特別な研修をパスした者だけが授業を任されます。

そして、現状の当教室では、まだ多くの子どもたちを十分にサポートできるだけの担当講師の人数がおりません。

そのため、誠に勝手ではございますが、スーパー飛び級を継続的に受講していただける人数を7名さままでとさせていただいております。

体験レッスンでご興味をお持ちくださった方は、ぜひ今すぐご入塾いただき継続的な学習ができる環境を確保してください。

今だけ、ご入塾特典!

また、この期間にご入塾いただいた方は「1ヶ月分の授業料が無料」で、ご参加いただくことができます。

スーパー飛び級で、お子さんはこんなに変わります

  • メキメキと学力が向上します
  • 4ヶ月で1学年分の学習内容が身につきます
  • 自立性や主体性が育ち、リーダーシップを発揮できるようになります
  • 読解力が身につく結果、算数・数学の文章題ができるように、また英語も読める力が身につきます
  • 理数系に強くなります
  • 思いやりのあるお子さんに育ちます
  • 成績が伸び、主体的になり、集中力がつくと姿勢までよくなります etc

松阪市 幼児教室 スーパー飛び級

お子さんが、将来、社会で活躍している姿を想像してみてください

子どもたちが社会で活躍する2020年代以降の日本は、東京オリンピックを終えて、ますます国際社会の様相を呈していると思います。

また、SNSやスマホなどのテクノロジーもこれまた“加速的”に進化しているでしょう(もはや、スマホはなくなっているかもしれません)。

つまり、子どもたちの未来は、今よりももっと国際的に活躍する機会が増えているはずです。

外国人と仕事をすることだったり、海外のお客さまとネットでリアルタイムでやりとりすることだったり、さらには、海外を拠点に生活している可能性も高いのではないでしょうか。

このように、世界が身近になっている生活では、何より「自立した個」であることが求められます。

むしろ「自立した個」である前提で、社会生活が行われています。

想像してみてください。

お子さんが、多くの外国人の前で自分の考えを理路整然と述べる姿を。

多様な価値観を持つ人たちと、アサーティブにコミュニケーションしながら活躍する姿を。

そうした(そう遠くない)来るべき社会で、豊かにたくましく“生きる力”を、スーパー飛び級は育みます。

どうか、お子さんの可能性を大きく拓いてあげてください。

実際に、スーパー飛び級を確かめてください

  • 本当に、スーパー飛び級は効果があるのか?
  • スーパー飛び級は、他の教材と何が違うのか?

どうか、それを「無料体験レッスン」で確かめてください。

率直に申し上げて、ここで教材をどれだけお見せしたとしても、従来の教材との違いを正確にご理解いただくことは難しいと思います。

なぜなら、スーパー飛び級は「子ども目線で作られた教材」だからです。

従来の教材との違いは、子どもたちでなければわかりません。

これまで、多くの先生および大人の方たちがスーパー飛び級について理解に挑まれましたが、従来の教材との違いやスーパー飛び級のよさを実感されたのは、すべて子どもたちの学習する姿を見てからでした。

ですので、スーパー飛び級に取り組むお子さんの姿を、どうぞご覧になってみてください。

親子で、スーパー飛び級を体験してみてください。

それでは、無料体験レッスンでお目にかかれることを楽しみにしております。

最後までおつき合いくださいまして、感謝いたします。

松阪市 幼児教室「石井進学塾 飛び級特進コース」石井宏明
石井進学塾 飛び級特進コース
塾長 石井 宏明

無料体験レッスンのお申し込みは、今すぐ!

友だち追加

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをクリック

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket

友だち追加LINEから、お問い合わせ・お申し込みいただけます

松阪市 幼児教室「石井進学塾 飛び級特進コース」石井宏明

松阪市にあります幼児教室「石井進学塾 飛び級特進コース」塾長の石井 宏明です。

「スーパー飛び級」は、子どもたちの「自読考」による自立学習を促します。そして、子どもたちの主体性や、自立する心を育てます。

お子さんの学力だけでなく、自立性やリーダーシップを育み、将来の日本のリーダーを育てる「スーパー飛び級」を、試してみませんか?

ブログカテゴリー

  • カテゴリーなし
PAGETOP
お申込み・お問合せは、こちらをタッチ